全日本プロレス 1987年2月3日(火)夕張市総合体育館大会 試合結果

試合開始6時5分 観衆3,100人=超満員

▼15分1本勝負

①○百田光雄(8分20秒 体固め)×笹崎伸司

▼20分1本勝負

②マイティ井上 ○川田利明(9分29秒 ジャーマンスープレックスホールド)寺西勇 ×佐々木健介

③○小林邦昭 仲野信市(9分48秒 フィッシャーマンズスープレックスホールド)ショーン・ロイヤル ×マーク・レーガン

④○ザ・グレート・カブキ(8分7秒 逆エビ固め)×栗栖正伸

▼30分1本勝負

⑤○カート・ヘニング(7分44秒 エビ固め)×保永昇男

⑥○キラー・カーン(8分58秒 体固め)×大熊元司

⑦ジャイアント馬場 △渕正信 佐藤昭雄(10分54秒 両者リングアウト)ラッシャー木村 △ヒロ斉藤 鶴見五郎

▼猛虎七番勝負第2戦=45分1本勝負

タイガーマスク(試合中止)阿修羅原

※仕様で前日、八戸に滞在していた阿修羅原が、降雪のため飛行機が運航せず、会場に来られず。このためジャイアント馬場が代役にフランク・ランカスターを指名した。

⑧○タイガーマスク(8分21秒 ジャーマンスープレックスホールド)×フランク・ランカスター

※七番勝負はこれで1勝1敗

▼45分1本勝負

⑨○長州力 谷津嘉章 アニマル浜口(11分18秒 体固め)ジャンボ鶴田 石川敬士 ×ハル薗田

▼60分1本勝負

⑩○天龍源一郎 輪島大士(8分46秒 片エビ固め)タイガー・ジェット・シン ×ア・シーク

ジャイアント馬場「輪島は気負い過ぎだよ。勝ったからいいけど、今日はタッグマッチじゃなかった。キャリアの差はわかるが、輪島は攻め込まれた時に何も出さない」