全日本プロレス 1987年7月30日(木)東村山市スポーツセンター大会 試合結果

試合開始6時30分 観衆2,350人 ※テレビ収録

▼15分1本勝負

①○百田光雄(10分43秒 回転エビ固めを切り返して→エビ固め)×小川良成

▼20分1本勝負

②○大熊元司(9分23秒 ダイビングヘッドバット→体固め)×コルト・スティール

③○ハル薗田(8分20秒 急所攻撃→反則勝ち)×鶴見五郎

▼30分1本勝負

④○渕正信 川田利明 高木功(15分46秒 ボディーアタックを切り返して→片エビ固め)ザ・デストロイヤー ティージョー・カーン ×インベーダー1号

⑤○ザ・グレート・カブキ(6分57秒 バックドロップ→体固め)×デニー・ブラウン

▼アジアタッグ王座争奪リーグ公式戦=60分1本勝負

⑥○石川敬士 マイティ井上<2勝>(19分7秒 首固め)寺西勇 ×栗栖正伸<1勝1敗>

※石川敬士・マイティ井上組が2度目の王座獲得

マイティ井上「後輩たちのためにも、強豪と闘って権威を高めたい」

▼30分1本勝負

⑦谷津嘉章 ○仲野信市(10分9秒 フィッシャーマンズスープレックスホールド)ラッシャー木村 ×剛竜馬

▼45分1本勝負

⑧○ジャンボ鶴田 輪島大士(12分36秒 体固め)スタン・ハンセン ×テッド・デビアス

▼60分1本勝負

⑨○ジャイアント馬場 タイガーマスク(15分22秒 反則勝ち)×天龍源一郎 阿修羅原

※7月24日の第19戦から欠場していた阿修羅原が復帰

※試合後、ジャンボ鶴田、輪島大士、谷津嘉章が乱入

天龍源一郎「目立とうと思った上での乱入であってもそれはそれでいい」

ジャイアント馬場「今日は爽快な汗をかいた。天龍と原には案外、やらせている気はあるし・・・。まあ、いい勉強になった。いつでもいきますよ!」