全日本プロレス 1987年9月12日(土)倉敷体育館大会 試合結果

試合開始6時 観衆2,550人 ※テレビ生中継

▼15分1本勝負

①○栗栖正伸(6分33秒 フライングボディーアタックを切り返して→体固め)×小川良成

▼20分1本勝負

②○永源遥(4分44秒 両足首を持って強引に→エビ固め)×百田光雄

③○マイティ井上 佐藤昭雄(10分10秒 逆さ押さえ込み)×大熊元司 高木功

▼30分1本勝負

④石川敬士 ○渕正信 サムソン冬木(8分9秒 回転エビ固め)ディック・スレーター ×ネルソン・ロイヤル ジーン・リージョン

⑤川田利明(7分52秒 両者リングアウト)仲野信市

川田利明「まだ天龍さんたちに同盟入りは認めてもらっていないんです。メインイベンターの人たちの闘いになると、皆が100の力を出しているでしょ。だから僕は120以上の力を出さないと、中に入っていけないんです・・・」

仲野信市「川田のやる気ははっきり伝わってきました。体も大きくなって、一発一発の技に重みも出てきた」

⑥○ラッシャー木村 鶴見五郎(7分52秒 ブルドッキングヘッドロック→体固め)ザ・グレート・カブキ ×ハル薗田

▼45分1本勝負

⑦輪島大士 ○タイガーマスク(10分21秒 リングアウト勝ち)谷津嘉章 ×寺西勇

▼インタナショナルヘビー級選手権試合=60分1本勝負

⑧○ジャンボ鶴田<王者>(9分47秒 フライングボディーアタック→片エビ固め)×ニック・ボックウインクル<挑戦者>

※第16代王者ジャンボ鶴田が3度目の防衛に成功

▼PWF認定世界タッグ選手権試合=60分1本勝負

⑨天龍源一郎 ○阿修羅原<王者組>(10分23秒 ラリアット→片エビ固め)スタン・ハンセン ×ジョー・ディートン<挑戦者組>

※第6代王者組が初防衛