新日本プロレス 1987年10月19日(月)富士市立富士体育館大会 試合結果

試合開始6時30分 観衆2,030人=満員

▼15分1本勝負

①片山明(時間切れ引き分け)大矢健一

▼20分1本勝負

②○山崎一夫 船木優治(15分14秒 ワキ固め)保永昇男 ×佐々木健介

③○ダリル・ピーターソン(8分7秒 前方回転エビ固め)×小杉俊二

▼30分1本勝負

④○スティーブ・ケーシー(7分56秒 バックフリップ→片エビ固め)×後藤達俊

⑤○マニー・ヘルナンデス(6分26秒 ダイビングボディーアタック→片エビ固め)×ブラックキャット

⑥○藤原喜明 木戸修(8分10秒 ワキ固め)バッドニュース・アレン ×エリ・ザ・イリミネーター

⑦○木村健吾(8分23秒 チェーン攻撃→反則勝ち)×コンガ・ザ・バーバリアン

▼45分1本勝負

⑧△スーパー・ストロング・マシン ヒロ斉藤(14分13秒 両者リングアウト)△高田延彦 越中詩郎

⑨○スティーブ・ウィリアムス(7分35秒 パワースラム→片エビ固め)×武藤敬司

▼60分1本勝負

⑩藤波辰巳 ○長州力(1分13秒 ラリアット→体固め)アントニオ猪木 ×山田恵一

※当初、Xとして発表されていた猪木のパートナーは山田恵一だった。

※試合後、アントニオ猪木が「1対2でやってやる!かかってこい!」とアピール

▼1対2変則タッグマッチ=60分1本勝負

⑪アントニオ猪木(4分42秒 無効試合)藤波辰巳 長州力

※藤波が猪木に完璧なジャーマンスープレックスホールドを決めたが、カウント2で長州がフォールを妨害。その後、長州が猪木にサソリ固めを決めたが、藤波が報復の平手打ち。

※試合後、「藤波!猪木の首は俺が先にとってやる。どんどん先を走ってやる!」と長州が絶叫。

長州力「今日は俺のフライングだ。今まで一列に並んでいたが、誰かが飛び出していかなくちゃいけないんだ。この世界だけはフライングしたら元には戻れないんだ」