新日本プロレス 1987年11月28日(土)熊本市体育館大会 試合結果

試合開始6時30分 観衆2,670人

▼15分1本勝負

①○安生洋二(12分26秒 三角絞め)×松田納

▼20分1本勝負

②○小杉俊二(12分7秒 前方回転エビ固め)×佐々木健介

③○ドン荒川(10分51秒 急所攻撃→反則勝ち)×ブラックキャット

④○越中詩郎 山田恵一(11分33秒 バックドロップ→体固め)ヒロ斉藤 ×クリス・ベノワ

▼30分1本勝負

⑤○木戸修(6分34秒 ネックブリーカードロップ→体固め)×ロン・リッチー

⑥○スコット・ホール(5分4秒 パワースラム→片エビ固め)×後藤達俊

⑦○ケンドー・ナガサキ ミスター・ポーゴ(10分8秒 サイドバスター→体固め)坂口征二 ×ジョージ高野

▼45分1本勝負

⑧○藤原喜明(10分50秒 ワキ固め)×ロン・スター

⑨藤波辰巳 △木村健吾(12分53秒 両者フェンスアウト)マサ斎藤 △スーパー・ストロング・マシン

▼公式リーグ戦=30分1本勝負

⑩アントニオ猪木 ○ディック・マードック<17点>(11分25秒 ブレーンバスター→片エビ固め)×高田延彦 武藤敬司<9点>

※高田延彦のミサイルキックがアントニオ猪木に決まり、3カウント入ったが、ミスター高橋レフェリーはフォールを認めず。

アントニオ猪木「今日はマードックに助けられた。マードックは本当に頼りになる奴。こいつからフォールを取るのは並大抵のことじゃできないよ。藤波にも前田にもできなかったし。まぁマードックと勝負できるのは勝負の裏も表も知り尽くしている藤原かもしれねえな。」