新日本プロレス 1994年3月10日 佐賀県総合体育館大会 試合結果

試合開始6時30分 観衆2,860人

▼20分1本勝負

①○小島聡(14分41秒 レッグアンドネックロック)×高岩竜一

▼ヤングライオン杯争奪リーグ戦=30分1本勝負

②○中西学<2点>(12分8秒 アルゼンチンバックブリーカー)×石沢常光<1点>

中西学「すべて先手を取られた。悔しいです。あいつは俺の左ヒザだけ狙ってきた。俺は力が入りすぎて面白いように決められてしまって・・・」

石沢常光「今度は違ったルールでやってみたいですね。」

③○永田裕志<1点>(14分56秒 チキンウイングフェースロック)×大谷晋二郎<1点>

▼30分1本勝負

④木村健吾 ○後藤達俊 小原道由 斎藤彰俊(15分45秒 バックドロップ→体固め)木戸修 野上彰 ×飯塚孝之 安田忠夫

▼バトルロイヤル=10人参加

⑤○小島聡(4分26秒 大谷を前方回転エビ固めで下した石沢をひっくり返す→エビ固め)×石沢常光

退場順・・・安田忠夫、高岩竜一、木戸修、永田裕志、飯塚孝之&野上彰(同時)、中西学、大谷晋二郎、石沢常光

▼30分1本勝負

⑥○ブラック・タイガー キラー・ビー(14分13秒 スイング式DDT→片エビ固め)獣神サンダーライガー ×エル・サムライ

▼45分1本勝負

⑦藤波辰爾 ○馳浩(15分26秒 ノーザンライトスープレックスホールド)越中詩郎 ×ザ・グレート・カブキ

馳浩「今日はできるだけ藤波さんに助けてもらわないように自分で自分を追い込ませるように闘った。体調が悪いからといって気持ちまで落ち込んでたらダメだから。狙われるとひびくね。こういう辛さは初めて味わう。ポリープは早期発見で内視鏡を使った手術でとりあえず成功した。来週に東京に戻った時に再検査をしてOKが出れば大丈夫。(リック・ルードとのタイトル戦について)凄い好奇心があるんです。東京体育館という両国や武道館と違ってあまり馴染みのない会場でお客さんを馳の試合でビシッと掴みたい。向こうもビシッと返してくれる相手だと思うし。ここは究極の仕事人というのを一つやってみたい。最近はちょっと日本人対決が多くてナーバスになってましたしね。」

▼60分1本勝負

⑧スコット・ノートン ヘラクレス・ヘルナンデス ○バーバリアン(14分20秒 パワースラム→片エビ固め)長州力 橋本真也 ×蝶野正洋