全日本女子プロレス 1993年12月6日 両国国技館大会 試合結果

試合開始6時 観衆1万1,500人=超満員札止め ※テレビ&ビデオ収録

▼斬り込み隊墨田川激墜=20分1本勝負

①○穂積詩子 レオ北村<LLPW>(9分35秒 バックドロップホールド)渡辺智子 ×白鳥智香子<全日本女子プロレス>

▼ミゼットプロレス国技館見参=10分1本勝負

②○フランキー(5分19秒 ムーンサルトプレス→体固め)×ブッタマン

▼ニューフェース・オブ・ジ・イヤー=全日本ジュニア選手権試合=20分1本勝負

③○キャンディー奥津<JWP・挑戦者>(12分16秒 ジャーマンスープレックスホールド)×チャパリータASARI<全日本女子プロレス・王者>

※第23代王者・チャパリータASARIが初防衛に失敗。キャンディー奥津が第24代王者となる。

▼ヤングエグゼクティブ4アローズ=全日本タッグ選手権試合=30分1本勝負

④○半田美希 紅夜叉<LLPW・挑戦者組>(15分23秒 ジャーマンスープレックスホールド)×長谷川咲恵 伊藤薫<全日本女子プロレス・王者組>

※第16代王者組が3度目の防衛に失敗。半田組が第17代王者組となる。

▼ナチュラル活火山パワー噴射=30分1本勝負

⑤○コンバット豊田<FMW>(13分53秒 コンバットドライバー→片エビ固め)×みなみ鈴香<全日本女子プロレス>

▼「全女イズムVSピュアハート」スクランブル・ジャングル=30分1本勝負

⑥ブル中野 三田英津子 ○下田美馬<全日本女子プロレス>(20分36秒 タイガースープレックスホールド)キューティー鈴木 プラム麻里子 ×福岡晶<JWP>

▼格闘ヒロイズム両国冬の陣=30分1本勝負

⑦堀田祐美子 ○井上京子 井上貴子<全日本女子プロレス>(15分37秒 ナイアガラドライバー)風間ルミ イーグル沢井 ×ハーレー斉藤<LLPW>

▼女忠臣蔵~闘夢再会~=WWWA世界シングル選手権試合=60分1本勝負

⑧○アジャコング<全日本女子プロレス・王者>(22分34秒 裏拳→体固め)×工藤めぐみ<FMW・挑戦者>

※第38代王者アジャコングが2度目の防衛

アジャコング「レフェリーのアクシデントがあったが、あそこで負けていた。まだ工藤に勝ってないよ。やっと並んだところ・・・ここからスタート。もう1回やらないとダメ。」

▼ザ・国技館フルボルテージ=WWWA世界タッグ選手権試合=60分1本勝負

⑨山田敏代 ○豊田真奈美<全日本女子プロレス・挑戦者組>(25分33秒 変形パワーボム→エビ固め)ダイナマイト関西 ×尾崎魔弓<JWP・王者組>

※第97代王者組が2度目の防衛に失敗。山田・豊田組が第98代王者組となる。

山田敏代「冷却期間がある前は、ずっと組んでてコンビネーションのことばかり考えてました。でも、その期間を持ったことで自分がやらなければという自覚が芽生え、逆にコンビネーションも上手くやれた。」

▼デンジャラスクイーン東京裁判~死刑執行~=時間無制限1本勝負

⑩○神取忍<LLPW>(21分15秒 右アッパー→エビ固め)×北斗晶<全日本女子プロレス>