UWFインター 1995年2月18日(土)東京ベイNKホール大会 試合結果

試合開始6時30分 観衆7,000人=超満員 ※ビデオ収録

▼15分1本勝負

①○中野龍雄<15点>D0E0S0(3分13秒 掌底→TKO勝ち)×山本健一<3点>D4E0S0

▼30分1本勝負

②○金原弘光<14点>D0E1S0(3分47秒 左ハイキック→TKO勝ち)×トーマス・バートン<4点>D3E2S1

③○高山善廣<13点>D0E0S0(5分49秒 フロントフェースロック)×ジェームス・ストーン<2点>D3E3S1

④○安生洋二<13点>D0E2S0(7分41秒 変形腕固め)×桜庭和志<7点>D1E5S0

⑤○ビリー・スコット<7点>D2E2S0(6分56秒 ワキ固め)×宮戸優光<13点>D0E1S1

⑥○佐野直喜<10点>D1E1S1(5分0秒 ローリングソバット→TKO勝ち)×ジーン・ライディック<7点>D2E1S1

▼45分1本勝負

⑦○田村潔司<12点>D1E0S0(2分6秒 スリーパーホールド→レフェリーストップ)×垣原賢人<15点>D0E0S0

田村潔司「最後は落ちたのわかったんで、我ながら怖くて早く止めてほしかった。勝った瞬間は満足しましたけど、また今、冷めてきました(苦笑)これでいいのかなって感じ。もっと頭を使って動きたかったんで。お互い、リキが入りすぎてましたね。力ばっかりに頼ってたんで30点ぐらいです。」

▼60分1本勝負

⑧○高田延彦<15点>D0E0S0(4分34秒 腕ひしぎ逆十字固め)×山崎一夫<11点>D1E1S0

※山崎一夫は腰を痛めて担架で退場