全日本プロレス 1988年3月9日(水)横浜文化体育館大会 試合結果

試合開始6時30分 観衆4,350人=満員 ※テレビ収録

▼20分1本勝負

①○寺西勇(5分51秒 逆さ押さえ込み)×百田光雄

②○仲野信市 高野俊二(6分4秒 首固め)大熊元司 ×永源遥

③○高木功 田上明(12分28秒 エルボードロップ→体固め)ジョー・マレンコ ×ディーン・マレンコ

▼30分1本勝負

④○ザ・グレート・カブキ(6分1秒 首固め)×ジェリー・オーツ

⑤○ジョン・テンタ(7分23秒 カナディアンバックブリーカー)×ジョー・ディートン

⑥○阿修羅原(3分56秒 ブレーンバスター→片エビ固め)×ロッキー・イヤウケア

⑦ラッシャー木村 ○鶴見五郎(10分11秒 チェーンでひと突き→エビ固め)ジャイアント馬場 ×渕正信

▼アジアタッグ選手権試合=60分1本勝負

⑧サムソン冬木 ○川田利明<挑戦者組>(10分11秒 回転エビ固め)石川敬士 ×マイティ井上<王者組>

※フットルースが王座奪取

サムソン冬木「負けたら前座に逆戻りするところだった・・・」

▼45分1本勝負

⑨○谷津嘉章(20分25秒 体固め)×テリー・ゴディ

谷津嘉章「拍子抜けしたけどやりやすかった。ピンに勝るものはない」

▼猛虎七番勝負・最終戦=45分1本勝負

⑩○ジャンボ鶴田(14分38秒 バックドロップ→片エビ固め)×タイガーマスク

ジャンボ鶴田「タイガーは技は何でもできるのだから、あとは自分のリズムを完成させること」

▼PWF認定ヘビー級、UNヘビー級ダブル選手権試合=60分1本勝負

⑪○天龍源一郎<UN王者>(14分40秒 首固め)×スタン・ハンセン<PWF王者>

※天龍源一郎は第13代PWF王者となり、UN王座は7度目の防衛