新日本プロレス 1995年5月26日(金)後楽園ホール大会 試合結果

試合開始18時30分 観衆1,867人=超満員 ※テレビ収録

※全日本女子プロレスの北斗晶、豊田真奈美、吉田万里子が観戦

▼20分1本勝負

①○安田忠夫(10分5秒 逆エビ固め)×ブラックキャット

▼30分1本勝負

②○アーン・アンダーソン(7分57秒 DDT→片エビ固め)×永田裕志

永田裕志「うまいっちゅうか、ずるいですよ。ああいうタイプは初めてですね。マレンコともまた違うし。行くぞっと思ってもすかされちゃうし。ああいうのも覚えていったらそのうちいい試合ができるようになるんじゃないですか?」

③○野上彰 エル・サムライ(16分54秒 ドラゴンスープレックスホールド)木戸修 ×飯塚孝之

④○金本浩二(11分13秒 ムーンサルトプレス→体固め)×保永昇男

⑤ディーン・マレンコ ○ブラック・タイガー(14分56秒 ブラックタイガーボム→エビ固め)×グラン浜田 石沢常光

⑥○ロン・シモンズ マイク・イーノス(13分54秒 スパインバスター→片エビ固め)橋本真也 ×中西学

▼45分1本勝負

⑦○馳浩 佐々木健介 平田淳嗣(17分15秒 ノーザンライトスープレックスホールド)蝶野正洋 天山広吉 ×ヒロ斉藤

▼60分1本勝負

⑧○武藤敬司(19分4秒 ムーンサルトプレス→体固め)×スティーブ・オースチン

武藤敬司「いやあ気持ちばっかこう、焦って体のほうがついていかない。気持ちだけは飛ばそう飛ばそうと思ってるけどね、やっぱ、あいつだって普通のレスラーじゃないし。ちょっと天山は早漏すぎるんですよ。もう武道館、決まってるんだからね。何か試合前からチャチ入れられたりとか、な~んかスケールのちっちゃいアタックの仕方してるっていうか。別に焦んなくたって、俺は日本武道館、受けて立ちますよ。俺だって焦ってるんですから。(健介は)今日の試合見てても何かなりふり構わず突っ走ってるからね。もしかしたら彼こそがバク進かもしれない。ベルトを持って、まだベルトと一緒に悩んでるのかなあ・・・だけど、別にもう周りの声とかもほんとは気にしなきゃならねーんだけど、それをバネにして頑張ります。“何やってんだ、チャンピオン”とか、けなすブーイングだけは聞こえたけど、やっぱりプロレスの根本的なものは身をもって受けなきゃならない。そういうのもベルトと一緒にみんなに知らしめていきますよ。」