新日本プロレス 1987年8月2日(日)両国国技館大会 試合結果

試合開始6時10分 観衆1万70人=超満員

▼15分1本勝負

①○佐々木健介(13分0秒 首固め)×クリス・ベノワ

※クリス・ベノワ壮行試合

▼20分1本勝負

②○中野龍雄 安生洋二(16分37秒 ドラゴンスープレックスホールド)橋本真也 ×松田納

③○ドン荒川(9分20秒 市役所固め)×大矢健一

④山崎一夫 船木優治(時間切れ引き分け)ヒロ斉藤 保永昇男

▼30分1本勝負

⑤○バイオレンス・ウォーロード(6分5秒 ラリアット→体固め)×ジョージ高野

⑥○バズ・ソイヤー(5分26秒 パワースラム→片エビ固め)×木戸修

⑦○武藤敬司 後藤達俊(12分10秒 ムーンサルトプレス→体固め)バッドニュース・アレン ×ジョニー・スミス

※この日は武藤敬司が映画撮影で一緒になった秋吉満ちる、安田成美が応援に訪れていた

▼45分1本勝負

⑧○藤波辰巳 長州力 木村健吾(16分52秒 長州力が場外でラリアット→リングアウト勝ち)坂口征二 マサ斎藤 ×藤原喜明

木村健吾「あそこまで(藤原喜明にヒザを)攻められるとは思わなかった。シングルだったらギブアップしていたでしょう」

長州力「勝ちは勝ちだ。今は勝たなきゃだめだ。19、20日も勝ちたい。あるものを全部出せればいけるだろう。」

▼IWGPタッグ選手権試合=60分1本勝負

⑨前田日明 ○高田延彦<王者組>(17分21秒 逆さ押さえ込み)スーパー・ストロング・マシン ×小林邦昭<挑戦者組>

※第5代王者組が2度目の防衛に成功

前田日明「マシンとは19日にはチームを組むが、20日は必ず対戦したい」

スーパー・ストロング・マシン「闘う時は闘い、協力する時は協力してやっていくしかないだろう」

▼IWGPヘビー級選手権試合=60分1本勝負

⑩○アントニオ猪木<王者>(9分38秒 体固め)×クラッシャー・バンバン・ビガロ<挑戦者>

※初代IWGPヘビー級王者のアントニオ猪木が初防衛に成功

試合後リング上でアントニオ猪木「藤波、木村、長州、前田、いつでもこれを盗りに来い!」